テレビ通販で話題の電子レンジ調理器具ニュークックアートのレビュー

電子レンジ調理器具テレビ通販で話題のニュークックアートのレビュー


今回はTⅤショッピングで話題の「ニュークックアートプラス」 のレビューです。

ご協力頂いたのは、子育て中のママさんです。
とても重宝してるそうなので、早速見てみましょう♪

購入のきっかけは?


例えば、今日のメニューは肉じゃがを作ろう!
と思った時、副菜や汁物なども用意しますよね。

そんな時、火を使う料理が多いと「もう一品同時に作れたら、もっとスムーズにご飯の支度が終わるのになぁ…」
なんて思ったことはありませんか?

私のオススメする『ニュークックアートプラス』は、そんな悩みを簡単に解決してくれたのです。

購入しようと思ったきっかけは、子どもの離乳食の用意をしていた時でした。

まだ離乳食を始めたばかりの赤ちゃんのための野菜などを煮るために、ふたつあるガスコンロをフル稼働して、柔らかく煮るためにコトコト長時間…。

そのため、夕食の用意がどうしても時間がかかってしまっていました。
そんな時テレビの通販チャンネルで、たまたま目に付いたニュークックアートプラス。

「これなら夕食の一品を電子レンジで作れるかも!?」

直感的に思い即購入しました。

電子レンジで簡単に調理ができて便利

ニュークックアートプラスは、電子レンジ調理器具です。

TⅤショッピングによると、煮る、焼く、炒める、蒸す、などという調理を、火を使ったのと変わらない仕上がりで料理が出来るという画期的な商品ということでした。

でも、注文したものの「さすがに火を使った料理にはかなわないだろうなぁ…」「多少の下準備程度が出来ればいいかな~」くらいにしか思ってませんでした。

実際に商品が届いて、使い始めたら手放せなくなりました(笑)

ニュークックアートプラスで初めての調理は目玉焼き


蓋つきの鍋のようになっていて、蓋を開けた中は鉄板のようになっています。

届いたニュークックアートプラスにはレシピ本もついています。
W(ワット)数ごとの加熱時間と共にかなりのバリエーションの料理が記載されていました。

まずはどんな風に仕上がるのか?
試しに目玉焼きを焼いてみました。

レシピ本によると、我が家の電子レンジは700Wなので、3分20秒加熱するらしい。
調理の仕方はすごく簡単!
ニュークックアートプラスに油をひかずに目玉焼きを入れるだけです。

たったの3分20秒後、電子レンジからニュークックアートプラスを取り出してみると…
ジュージューというフライパンで焼いているような音が聞こえ、蓋の蒸気口からは湯気がたっていました。

蓋を開けてみると、きれいなツヤツヤの半熟目玉焼きが出来ていました!

裏側はしっかりと焼き目がついていて、焼く調理はフライパンやグリルとまったく変わらない仕上がりです。
フライパンを使わずに、こんなにきれいに目玉焼きが出来るなんて感動でした。

主婦の味方、手離せなくなりました

それからはいろいろな調理法や料理を試しながら使用してみました。
本当に何を作っても、火を使った料理とほぼ同じ仕上がりに出来ますよ。
ニュークックアートプラスのクオリティーの高さをしみじみと感じました。

魚焼きグリルを汚さない

私は鮭など魚を焼くときによく使ってます。
火加減や焼き具合を見ていなくてもセットするだけでこんがりきれいな焼き目がつきます。
それに、魚の身がふっくらと焼けておいしいですよ。

嬉しいのは魚焼きグリルを汚さなくて済むことです!!
グリル洗うの大変ですよね。

ニュークックアートプラスならお手入れも簡単です。

フライものの温めにも!

揚げてから時間の経ってしまったフライなどの温めにも使えます。
こちらも固くなることも焦げることもなく、カリカリの揚げたてのような食感に仕上がります!

煮物は具材と調味料をセットしてレンチン!

煮物を煮るのにも本当に重宝していて、調味料と具材を一緒に入れて、あとは電子レンジに入れて加熱するだけ!
鍋で煮た肉じゃがと変わらない美味しさに仕上がります。

加熱後蓋をしたまま蒸らしていると、味もしっかり染みます。

まとめ

すべての調理法に共通しているのは、ニュークックアートプラスなら、面倒な洗い物などが増えることもなく、ストレスが軽減されます。

また、電子レンジに入れて加熱するだけなので、火加減や焼きすぎなどを気にすることなく他の料理を集中して作ることが出来るのです。

毎日の食事作りを助けてくれて、時短で美味しく料理が作れてガス代の節約にもなります。
ニュークックアートプラスは、主婦の強い味方と言ってもいいオススメ商品ですね。

家事が時短できたら、心のゆとりもできます!
買ってよかったです。

 






 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする